ブログネタ
旅に出よう! に参加中!

禁煙の敵は、煙草を吸いたいという欲求→つまり、欲求が不満している、いわゆる欲求不満の事ですね。



欲求不満と聞くと性欲を思い出しますが、これは性欲だけでなく、食欲や睡眠欲など、様々な要因で発生しています。



欲求不満を解決する方法は1つしかありませんね。もうお分かりだと思いますが、欲求不満を解消する方法は快楽を与える他に手立てはありません。



喫煙以上の快楽を自分自身に与えることで簡単に禁煙できると言うことです。



人によって色々だと思いますが、私にとっての快楽が海外旅行に行くことである。



海外旅行とたばこのどちらを取るのか、答えは明白で海外旅行に行くほうが人生を幸せに過ごすことができる。あ~あ、もう少し早く気がついていていたらと後悔している。税金を納めて国に貢献したと思えば少しは気が楽になるかな。

 

では、実際に私がどのように禁煙を行ったのかその方法を紹介します。

 禁煙の方法→簡単です。煙草を吸わなければ禁煙できます。しかしそれが難しいですよね。



たばこ1箱とライターをあえて、棚に入れておく。これは、禁煙して、どうしても我慢できない時はこの棚においてある、たばこを何時でも吸えると、自分自身に安心感を与える効果がある。自分自身を追い込みすぎると、ろくな事はありません。



どうしても我慢できない時は、禁煙ガムを噛む。きんえんパイポなどいろいろと試したが、禁煙ガムが1番効果的であった。最初はガムで禁煙なんてバカバカしくて、ありえないと思っていました。しかし、試してみるものである。ガムを噛めばニコチンが出てきて、たばこを吸ったような感覚になる事ができた。一粒はけっこう大きいので、私は半分にくらいに割って禁煙ガムを噛んでいました。だんだんと、ガムを噛む回数や一回の量を減らしていき、ガム1箱を使い切る前に、禁煙ガムを卒業する事ができた。注意しておかなければいけない事は、たばこよりも禁煙ガムの方が高価なので、禁煙ガムをやめる事ができなければ本末転倒な結果になってしまう。なので、必ず少しでも、ガムを噛む回数と一回の噛むガムの量を減らす事が大事である。



禁煙を始めると、不眠症になるなどの弊害が起きるが、それも、個人差はあるが、私自身は数ヶ月もすれば、不眠症は治まった。不眠症の時は、何か本を読むとか、自分の趣味に打ち込むかなどして、有意義に時間を過ごせば、それほど気にはならなくなる。たばこの事を考えないのが一番である。



半年以上経過すれば、たばこの事はほとんど考えなくなり、禁煙はほぼ成功したと言っていいと思う。やったね!長かった苦労が要約かなった。



しかし、危険な事もあり、ごくまれにだが、無性にたばこを吸いたくなる。たばこを吸いたくなっても、絶対に吸わない。



たばこを吸いたくなったら、それ以上に楽しいことを思い出したり、実行すれば乗り切ることができる。その楽しいことの1つの例が海外旅行というわけである。



禁煙しただけで、海外旅行に行けるなん、禁煙してほんとよかったな~。






(中国・北京・頤和園・頤和園・禁煙すればいけるよ!)