あまてらす鉄道が行く絶景の旅、え!と驚くトロッコの意外な動力源とは?宮崎県高千穂旅行記

宮崎県の高千穂、天孫降臨の伝承が残る場所である。神々が住んで居そうな大自然や古事記に関連した場所が多数存在し、有名な観光スポットになっている。

そんな高千穂でトロッコ列車の旅に出られる。

名前はアマテラス鉄道、神話にまつわるナウイネーミングである。

トロッコの旅の出発は高千穂駅、2005年の台風の影響で全面停止になった路線を再利用している。

高千穂駅への行き方
初めての人には分かりにくい場所にある。
237
号線沿いに、大きな駐車場とカフェがある。駐車場の奥に下に降りる道があり、この下に降る道を進むと、高千穂駅が見える。道沿いを走っても駅はおろか、看板すら見当たらない。かろうじて横下の方に線路が見える。カフェの駐車場に入ると、やっと看板を発見できた。私自身、かなり迷った。

223

この建物の奥を下に進む


 
高千穂駅にようやく到着

注意点
トロッコの乗車人数は制限があり、乗れない場合がある。私自身、次の便まで乗車を待った。行く時は時間に余裕を持って行くことをお勧めします。

旅日記
心地よい風と景観を見ながら、トロッコの旅は始まった。予想以上に大満足、地元の人達の心温まる演出や地域の活性化に対する人々の思いが伝わってくる。
 例えば、トロッコの動力に使われているものは、なんと軽トラックであった。これは必見である。このような、手作り感満載な所があまてらす鉄道によるトロッコ列車の旅の見所である。




料金
1300

所要時間
乗車時間30
待ち時間を入れると、1時間から2時間ぐらいはみておく。

評価5ランク中
アクセス評価2
一般評価4
著者評価5

高千穂へはレンタカーで行こう。