「江戸時代と現在どちらが重税と思うか考えてみよう!」

江戸時代のイメージとして私は小さい頃、重い年貢を課せられて貧しい生活をする農民たちの姿が思い
浮かばれた。はたして、本当に、江戸時代の農民は重い重税に苦しめられていたのかそれを考えてみたい。もちろん、飢饉の時など別の側面では、明らかに今よりも苦しい要素はあるがそれはまた、次回の機会に今回は税について考えてみる。


今日は近代の税と江戸時代の税とではどちらが住民にとって負担になるのか考えてみた。江戸から明治に変わり税制度は1873年地租改正条例により、地価の3パーセントを貨幣で納めるようになった。この地租改正は当時の国民にとってはかなりの負担だったらしく、


地租改正に対する農民の暴動は1876年末をピークとして増え始めた。
この時代は、士族の反乱の危機も迫っていた時代だったので、政府は、農民の機嫌をとるために大幅な減税政策を行った。そして、1877年には、土地にかかってくる、地租の額を地価の100分の3から100分の2.5へと大幅に減らした。政府は士族と農民の両方からの攻撃で危機に立たされていたが、農民の要求は受け入れ、士族の要求は退けることで、この危機を脱した。その後、地租改正事業はスムーズに進み、1881年には地租改正事務局は閉鎖となって、一連の地租改正事業は無事終了となった。


結論としては、国民の暴動が起きるぐらいだから、税金が高くなったと認識する方が妥当である。税金が安くなっていれば、暴動など起きることはなかったであろう。地価の3%では国民の負担は増え、地価の2,5%なら、江戸時代とそんなに変わらない負担だったのだと考える事ができる。


あなたの歴史を残すならJUGEM PLUS
フルカスタマイズ対応で100年先も自慢したくなるブログに