小倉城旅行記in福岡 全国でも珍しい参加体験型のアトラクションとバリアフリー化された城内とは?

 

小倉城を探索しました。


駅から近く、城内は程よい広さで、様々な見所あり、天守閣は活動的な体験ができ、全体的に満足できました。また、お城の南側には長崎の鐘と平和祈念碑があるので、合わせて回ることをお勧めします。

歴史

小倉城は、細川忠興によって、1602年、本格的に築城されていきました。

その後、細川氏は熊本へ転封、代わって小笠原忠真が1632年に小倉に入国しました。

1837年に火災により全焼し、再建されましたが、天守閣は再建されなかった。 

また、幕末期の第2次長州征討では、小倉が激戦地になりました。

そして、1959年に市民の要望に応えて、天守閣が再建されました。 


 


天守閣

天守閣の中は展示物もあるが、全国的に珍しく、活動的なアトラクションが中心となっている。また、バリアフリーにもなっており、車椅子で階段の上り下りが可能、これまた、全国のお城では始めてみる階段であった。これまでのお城の概念を覆す作りになっていた。










029






 




小倉城庭園

整備された庭園と、日本的な建築物が特徴的、また、茶器の展示があった。



 


松本清張記念館

松本清張ファンは必見、生前住んでいた居住スペースをそのまま、展示している様であった。本の数や数々のエピソードに圧倒された。


 


八坂神社

猫がたくさんいた。横に長い、しめ縄は必見。

城内

城内、お城周辺には様々な見所があるので、1日かけて観光しても十分楽しめる。

 

ベストビュー

小倉城庭園の建物から見た小倉城


 


アクセス

JR小倉駅から徒歩15分、駅からから南西の方角へ

 

所用時間

城内全ての施設を回→45時間

城内、周辺観光→8時間

天守閣のみ→12時間

 

料金

天守閣350

小倉城庭園300

松本清張記念館500

3施設共通700

 

評価5ランク中

アクセス評価4

一般評価3

著者評価4

旅の思い出に