「自衛隊は合憲か違憲? 憲法第9条は護憲か改憲か?」この質問に対する問いかけについて


近年大きな変化が起きている。


護憲派は改憲派に勝てない。


以前なら、護憲派と改憲派は、ほぼ同じくらいの勢力で、意見を言い合っても、互角ぐらいであった。


しかし、現在は圧倒的に改憲派が強い


お互いに意見を言い合っていくと、改憲派が勝ってしまう。


北朝鮮の工作船が来たら、どう対処するのか?


中国が尖閣諸島を侵攻してきたらどのようにして対処するのか?


PKOでは軍隊として、国際平和に貢献しているのに、それは今後どうなっていくのか?


改憲派のこのような質問に護憲派は答えることができない。


すなわち、護憲派は一旦、自衛隊を軍隊と認めてしまわないと、これらの答えに答えることができない。


憲法違反なら憲法違反はよくないので、それを変える必要がある。また、自衛隊を軍隊と認めるなら、それにあった形で憲法を変えるほうが合理的であるという意見にはどうしても反論する事ができない。


世間一般的な護憲派は駄目なものは駄目と、一方的に言うだけで、具体的にどうすれば、日本の国益を守ることができるのかまでには理想論でしか言論が至っていない。


現実的に物事を考えていかないといけないと思う。


現在のように、憲法を無視して、憲法違反の法律を作る事に疑問を感じるが、かといって、憲法をそう簡単に変えていいものでもないとも感じる。


どうするかについてはもっと激しい議論が必要であろう。


憲法第9条と字衛隊の問題についてはまたの機会に詳しくしたいと思うので、期待していただきたい。