私自身の前職は調理師で、高校教師に転職を行ったわけだが、教員の習慣で今だに馴染めない習慣が存在している。

それは、自分自身の事を

「先生はそれが正しいと思う」

とかなど、自分で自分自身の事を先生と呼んで授業や指導を行う人が多い事である。

 また、同僚の教員を呼ぶときも、先生とつける。生徒がいる時なら、先生と呼ぶのは仕方の無いことだと思うが、生徒が居ない時も先生と呼び、また、当人が居ない時も「この仕事は~先生にお願いしてみよう」などと、先生をつけて会話を行っている。実に面倒な習慣である。

 他業種から転職したものにとっては、複雑怪奇だが、大学卒業してすぐに教師になった人達にとっては普通なのかもしれない。

私は自分自身の事を絶対に先生とは呼ばない

また、できれば、教員を呼ぶときも先生とはいいたくない。しかし、流石に相手が上司だと先生と付けずに呼ぶことはできない。

1番困るのが、仕事外で先生を付けて呼び合うことである。それは、流石に、先生とは呼ばないように提案はしてみる。しかし、先生と呼ぶのが当たり前になっている人達にとってはなかなか難しいものである。

なかなか、なれない習慣で疲れるが、たまには温泉にでも浸かってリフレッシュでもするかな。
 今日は個人的なぼやきを記事にしてみました。