ブログネタ
日本の政治 に参加中!

「今から皆さんの権利を守るとても大事な授業をします。題名は選挙です。」



18歳から選挙権が手に入り、変わったことは授業で行った内容が直結して生徒に影響を与える事にある。



これまでは、選挙の話や授業を行っても、必要となるのは2年後で、人間2年も経てばほとんどのことは忘れてしまう。(個人差あり、特に私は物事を2年も覚えておく自信はないし、その必要もないと思っている。)



20歳になった時に選挙→何それ、めんどくさい、どうせ行っても何も変わらない、仕事が忙しい、遊ぶ方が良い、などの理由で選挙に行かない人が多いだろう。



20歳では遅すぎる、その時点では誰も、選挙の大切さを教えるてくれる存在がいない。



18歳ならば、選挙の大切さを教えてくれる人達がいる。それが全国の高校教師であり、私個人でもある。



授業だけでなく、HRも使えば、常に選挙の大事さを語ることができ、実際の選挙での、投票方法や日時、場所なども伝える事ができる。



18歳に選挙の事を教えて、18歳が選挙に行けば、その後どのような影響がこの日本?



→18歳で選挙に行く経験をする。



→高校卒業後も選挙に続けて参加する確立も増える。



→若者の投票率が上がる。



→若者たちの権利が守られる。



自分の生徒や子ども達の権利を守るためには、しっかりと選挙教育を行い、啓発を心がける必要を再認識している。



次回は、18歳選挙権に関連しての高校生議会について語ろうと思っている。




010