大学で夢を実現しよう


・大学全入時代の進路指導

 

現在の進学は昔とは違って、今は大学全入時代、言い換えると金さえあれば誰でも大学に入学できる。

進路先を選ばなければ、一部の私立大学や大部分の専門学校なら誰でも進学出来る。

誰でも受かるとはいえ、大学や専門学校、社会に出てからも困らない程度の文書能力や話す力を身に付けて進学してほしいものである。

大学入試が、いいきっかけとして、文書や面接の指導を行った。私の指導方法は簡単に分かりやすいがモットーである。

その一部を以下に紹介する。

 

志望理由書、小論文の書き方

文書は大きく分けて三つに区分できる。

序論、本文、結論。最低この三つを理解しておく。

◎序論現在の情勢を踏まえ、自身の考え方を述べる。つまり、入学したい意思を告げる事である。

◎本文自分の考え方を証明していく。つまり、入学して、本当にやって行けるか、自身の事や進学先の事を書いていく。

◎結論本文で証明した結果を書いていく。つまり、序論に戻って、自身の意思を告げる。

 

志望理由書や小論文では、序論と結論は言葉が違えども、意味としては大体同じになる。

◎例

序論(将来○○になりたい)本文(進路希望先の学校の事や自身の高校生活)結論(貴校に入学して夢を実現したい)

 

この様な構成で文書を書けば、志望理由書が出来上がる。私の経験では文書がほとんど書けない生徒でも、このやり方で指導すれば、短時間に見違える様な文書にレベルアップする。

 

面接指導

私自身の転職経験や事業主としての経験もある為、最も得意とする指導である。

面接でアピールする事は、一つあれば十分である。と言うよりも一つの事をアピールし続ける方が効果的である。

アピールする事が何個あっても、あまり意味がない。面接官は話を聞いている様でそんなには聞いていない。たくさんアピールしても、さほど印象には残らない。

また、通常面接は限られた時間で行われる。短い時間の中でいかに面接官にアピールできるのかを考えると、たくさんのことよりも、内容を絞った方がより効果的だと言える。

生徒に指導する時は、最初にアピールする事を一つ決定させる。それを元に面接内容を組み立てていく。

 

◎例

志望理由書夢、飲食店経験を生かす。

特技料理、飲食店経験を生かす。

職業観飲食店経験を生かして、生徒の気持ちが分かる教師になりたい。

 

私の場合の面接を例に挙げた。どの様な質問であっても、調理師経験につなげて、面接を組み立てた。

実際の例

以下の資料を実際に使用した。

面接で聞かれそうなこと

 

◎簡単に自己紹介をしてください

私は高校卒業後、調理師として飲食店で勤務しておりました。しかし、教師になりたという夢を実現するために大学に入学しました。私はこのように何事にも前向きで、自分が思ったことにはチャレンジしてしまいます。貴校にもし採用されたら、生徒に自分の夢に向かってチャレンジする事の大切さを伝える事ができます。そして、自分の経験を生かして授業や進路指導を行っていきたいと思います。

 

 

 

◎志望理由を教えてください

私には教師になりたいという夢があります。その夢を実現するために貴校の教員採用試験を受験しました。貴校には多数のコースがあり、県下から様々な生徒が通っています。私は以前、飲食店に勤めていました。この経験を活かせば、様々な生徒に対応する事ができます。私の経験を生かすことができる職場だと思い貴校を志望しました。

 

 

◎貴方の長所を教えてください

私の長所は自分の夢や目標をかなえるためなら、どんな事にでもチャレンジする所です。この行動力が私の長所と言えます。例えば、私は以前、飲食店に勤めていましたが、教師になりたいという夢をかなえる為に、大学に入学して教員免許を取得しました。

 

◎貴方の短所を教えてください

私の短所は後先考えずに、何事にも挑戦してしまうことです。例えば、以前、調理師として働いていましたが、二六歳の時に教師を目指して大学に入学しました。年齢のため、両親にも相談できず、学費を稼ぐために苦労しました。また、この挑戦のため、現在三0歳ですが、定職にも就けていません。

 

◎貴方の趣味をおしえてください

私は、以前、調理師として働いていたので、料理を作ることが趣味になっています。よく家族や友だちなどに料理を作っています。貴校では調理コースや料理部があるとのことで、指導に生かすことができると思います。

 

 

◎貴方の特技をおしえてください

私は、以前、調理師として働いていたので、料理を作ることが特技になっています。得意料理はあまった食材でパスタを作る、魚一匹をさばいて、刺身にする事などです。貴校では調理コースや料理部があるとのことで、指導に生かしていければ良いと思います。

 

◎周りの人は貴方のことをどう思っていると思いますか

私は調理師として働いていましたが、教師になるために大学に入学しました。このように、興味あることにはとりあえず、挑戦してしまうので、周りの人たちには後先考えずに行動する人間だと思われていると思います。

 

以上の様に、調理師経験を軸に面接を乗り切った。私が実際に使った方法を生徒達に示して伝授した。