2年目の評価 39

 

2年目の最大の目標は教諭に昇格する事であった。自分なりには、一生懸命仕事をこなした。

 

その、判断が突然降った。

 

昨年と同じ様に突然に校長室に呼ばれた。

 

今年度に関しては確かな自信があった。

 

根拠としては、1番大事な授業に関しては秩序が保て、内容も充実してきた。また、教務課の仕事に関しては職人芸の域に達して、職員の中核で動いていた。副担任のクラスは問題が多かったが、正担任ではなかったので、自分に対する評価には影響が無かった。

 

しかし、結果は来年度も常勤講師講師という事であった。それ以外に言われた事はかなり厳しい内容であった。常勤講師として、勤務出来るのは3年が限界、来年度、結果を残さなければ解雇と言われた。昨年とは違い、今年は特に何処がダメだったのか理由も言われず、正直如何すればいいのか困惑した。

 

私が受けたった感想は、来年度いっぱいは猶予を与えるのでその間に次の仕事を見るけるようにという感じであった。

手に職をつけて、解雇に備えよう