ブログネタ
独立・転職・起業・自分らしさ に参加中!




持ち前の若さと元気で、商品開発を行いながら、日々の業務をこなしていた。飲食店をはじめて、3年目を迎えようとしていた。その頃の私の目標は、お金を貯めて、持ち物件で商売を行おうと考えていた。家賃10万はもったいなく、高すぎる金額であった。

 

よく、飲食店は最初の3年が勝負で、3年続ける事ができれば、その後も何とかやって行くことができるだろうと言われていた。

 

そのため、3年間営業を続けるのが自分の中でも最初の目標であった。

 

しかし、運命の神様は私に新たな試練を与える事になった。その3年目を迎えようとしている時期、体に違和感を感じるようになった。

 

ことわざで

 

「馬鹿は風邪をひかない」

 

と言うのがあるが、これは嘘である。その証拠に私は風邪を定期的にひくのだが、ある時、いつもと同じように風邪を引き、行きつけの病院で診察をしてもらった。その診察で大きな病院での検査を進められた。

 

その言葉通りに総合病院で精密検査を受けると、完治するためには入院が必要だと告げられた。

 

1人親方のオーナー店で、私が入院するわけにもいかず、とりあえず、仕事を続けたが、半年ぐらいたった頃には体の限界もあり、休みながらお店を営業した。

 

しかし、そんなことでは営業する意味があまりない。その事に私は気づいていたがどうする事もできなかった。そして、入院を余儀なくされた。