研修会があり、障害者差別解消法について学んだ。

障害者差別解消法が施行された。この法律で障害がある事を理由に入学を断る事ができなくなった。

障害者が入学する場合、学校現場では、合理的配慮をしなければならない。


│ 合理的配慮


障害者の受け入れが出来るように、学校側が配慮をする。

例えば、エレベーターを設置する。スロープを設置する。などして、車イスでも登校できる様に配慮する。

財政的にエレベーターやスロープを設置する事が困難な場合であっても所属するクラスを一階にする事で、車イスでも学校に通う事が可能になる。

合理的配慮について、現在は努力義務だが、今後は義務になりそうだ。



 

クリックお願いします。