ブログネタ
戦争 に参加中!


第二次世界大戦においてのアメリカの戦争犯罪、これまで触れられなかった領域である。



だがもうそろそろ、本当の事を語ってもいいのではないでしょうか?



アメリカの原爆投下や本土空襲は国際法に違反している」これがよく授業で、でる私の言葉である



ハーグ陸戦条約とは1899年にオランダのハーグで開かれた第1回万国平和会議において採択された戦争に関する条約である。内容は戦時でも各国が守るべき事があり、主に捕虜の虐待や非戦闘民、防衛していない市街地の攻撃を禁止する事を定めた国際法である。



アメリカの戦争犯罪を考えるとこの条約の多岐の内容にわたって、違反している項目がある。その中で、今回は第25条について考えていきたいと思う。



ハーグ陸戦条約第25条

Art.25 The attack or bombardment,by whatever means,of towns,villages,dwellings,or buildings which are undefended is prohibited.



ハーグ陸戦条約第25条・日本語現代語訳

無防備な町、村、住宅に対して、どのような手段による攻撃も禁止する。



この第25条1つとっても、アメリカの国際法違反は明確である。市街地を襲った本土空襲は無防備な町、村、住宅、住民に対して行った攻撃であり、また、原子爆弾の投下は、無防備な町、村、住宅、住民を全て含んで、一発の爆弾で破壊した恐ろしい攻撃である。この悪魔のような兵器を使用したアメリカの行いは国際法に違反した戦争犯罪だと言える。



では、なぜ、日本の歴史教育の中で、日本の悪いところばかりが取り上げられ、アメリカに対する批判という視点が無かったのか?



答えは、戦争に負けたからである。すなわち、アメリカ統治下の戦後教育の中で、アメリカの戦争犯罪は語られず、隠された事になる。



広島県の私の知人の教師に、広島の原子爆弾に関する平和教育の中で、「アメリカの戦争犯罪という視点は存在するの?」と問いかけた事がある。答えはNOであった。「アメリカを批判する視点ではなく、今後、いかにして、核兵器を使用させないか、核を落とさせないかが重要な視点」だと広島の知人教師は言っていた。


その通りで、ごもっともな意見だと感じた。共感である。



日本人はそろそろ、自虐史観や自分たちが悪いという考え方を捨ててもいいのではと私は思っている。



もう、様々な視点から見た本当の歴史を教えてもいいのではと考えている。



うらむなら、日本ではない、そして、アメリカでもない。今アメリカを批判しても何の特にもならない。



じゃあ、何を非難して、うらむのか



それは、戦争そのものと、戦争を行う兵器を恨んで、戦争反対と兵器撲滅、平和と語りが大事だと思う。



・教科書に載らない歴史ポイント

本土空襲や原子爆弾の投下の事は書かれていますが、アメリカが国際法を違反したことについては書かれていません。しかし、日本の国際法違反については書かれているので、日本の国際法違反の事を書くのであれば、勝った国、負けた国の両者の国際法違反について平等に書くべきだと感じている。そうしないと、一方的な歴史の見方しかできなくなってしまう。

IMG_0083